2008年03月02日

横浜中華街「杜記」


横浜中華街の「杜記-とき-」さんでランチ。

場所は香港路と市場通りを結ぶ小路(台南小路)を
入ったところにあります。
行列が目印です。

「杜記」さんは、刀削麺(とうしょうめん)
がメインの小さなお店。

刀削麺は、中華人民共和国の山西省で生まれた麺の一種で

小麦粉を練った生地の塊を肩に担いで
ブーメランのように曲がった包丁で、

シュッシュッと生地を麺状に削りながら
お鍋に放り込んで茹でる麺のことです。

月牙刀を巧みに操って小麦粉の塊を削っている
中国人のおじさんの姿を初めて見たときは

本当にびっくりしました目

まさに技!!


頂いたのは、スタンダードな牛肉の刀削麺

CIMG0292.JPG

食感は独特ですが、日本の「すいとん」に似ています。

曲がった包丁で削るため、麺の太さがまちまちで
プルプルのところやモチモチのところがあって楽しめます。


こちらは「麻婆豆腐刀削麺」

CIMG0293.JPG

山椒が強くて私好みですが、相当辛いです。
しかも油がべっとり。

食べるのには覚悟がいるかもふらふら


昼は行列が出来て、相席も当たり前ですが、
夜は比較的すいているようです。


ごちそう様でした。


============================================
【美味しいを楽しもう!グルメあつま〜る】で、おいしく食べてキレイにな〜れ♪

posted by マツダユウコ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | そとごはん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11725419
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック