2008年03月16日

中トロ、ボタン海老、帆立

CIMG0915.JPG

「スーパー回転すし やまと」
回転すしだからって
侮ってはいけません。

ネタが大きくて新鮮、ぶりぶり、とろとろです。


ほとんどのネタが2貫で120〜280円ほど。
マグロ3貫で180円!お安い!!


しかも板前さんがイイ!!

回転すしの板前さんって、無愛想でしょ。普通。
または、握るのに一生懸命で自分の手元でいっぱいでしょ。

ここは、板前さんが元気。
「今日のオススメは?」と聞くと「オレだよ〜」とニヤリ。

ぼたん海老の頭を最後まで食べるコツも
教えてくれました。


安い上に、カウンター鮨に並ぶくらい美味しくて
気取らず楽しいスーパー回転すし。

また来たいな。


ご馳走様でした。


============================================
【美味しいを楽しもう!グルメあつま〜る】
で、おいしく食べてキレイにな〜れ♪

posted by マツダユウコ at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | そとごはん

2008年03月13日

ビストロ石川亭

神田のフレンチでランチ。
ボリュームたっぷりのビストロです。


ランチは、ここもまた行列覚悟。

前菜とメインがそれぞれ6、7種類ある中から選べて、
コーヒーor紅茶、時間によっては自家製デザートがついて
1,050円。

ビストロというだけあって
がっつり系のボリューム満点なお皿ばかり。

お昼なのにワインを頼みたくなっちゃうような塩分が効いた
料理が中心です。



メニュー例です。お好きなものを1つずつセレクト。

★前菜
・鶏レバームース
・豚肉のリエット グリーンペッパー風味
・キャベツのスープ プロヴァンサル風
・チーズのサラダ仕立て 
・豚足と里芋のプレッセ 
・小海老のサラダ仕立て
・田舎風お肉のパテ
・新サンマのエスカベッシュ オレンジ風味

★主菜
・牛・豚・春キャベツのハンバーグ
・鶏もも肉のロースト バジルソース 
・豚ロースのグリエ キャラメルソース
・北海道釧路産 秋刀魚のポアレ 
・アッシパルマンティエ 
・冷製バミセリ トマトソース
・ステックフリッツ

パンはおかわり自由です!!


さてお待ちかね。いただきま〜すかわいい


サーモンと帆立のテリーヌ
CIMG0858.JPG

味はあっさり淡白ですが、ペーストした帆立の甘みがあります。


鯵のマリネ
CIMG0861.JPG

アジが新鮮。身もプリップリで美味しい!
お野菜もモリモリ!!ビネグレソースであっさり食べられます。


豚ロースのグリエ キャラメルソース
CIMG0864.JPG

思わず口をあんぐり。ロース2枚ですよ。

厚みがあって、しかもお肉がとってもやわらか〜い。
キャラメルソースとマッシュポテトの相性もバツグン!

無念。さすがに2枚は食べれませんでした・・・もうやだ〜(悲しい顔)


デザートのプリン
CIMG0866.JPG

ひとすくい食べてびっくり。
普通のプリンと思いきや、すっきりとした酸味が。
ヨーグルトプリンでした。

隠れた名物だとか。


お腹はちきれんばかりに食べて、1050円。

すごい!最高のコストパフォーマンス!!ぴかぴか(新しい)


満腹、満足。
ご馳走さまでした。


============================================
【美味しいを楽しもう!グルメあつま〜る】
で、おいしく食べてキレイにな〜れ♪





posted by マツダユウコ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | そとごはん

2008年03月10日

神田でランチ・イタリアン?


12時ちょっと過ぎの神田。
めぼしいお店はどこも行列・・・。

ランチ難民になってしまった私達に
「今あきましたんで、すぐテーブルご用意できますよ」
の声。神の声です。


イタリアンな店舗に、イタリアン?なランチメニュー。

ランチの回転率を上げるにはもってこいの
ワンプレートディッシュです。

チキンのソテーきのこクリームソース

P2220047.JPG

とにかくボリュームがすごい。

付け合せのポテトやお野菜は
専門店にしてはちょっとがっかり。

イタリアンよりもアメリカン?な一品です。


時間を気にして慌てて食べて、お店を出るとき
店員さんが笑顔で

「いってらっしゃい!!」

とひとこえ。


嬉しいじゃないですか。

これから、午後も頑張るぞっ!
って、元気をくれました。


夕方また「おかえりなさい」が聞きたくて
また行きたくなっちゃうような、
そんなお店でした。

グランドメニューはきっと
期待とおりのイタリアンでしょう♪


============================================
【美味しいを楽しもう!グルメあつま〜る】
で、おいしく食べてキレイにな〜れ♪
posted by マツダユウコ at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | そとごはん

2008年03月06日

八丁堀maru2階

maru_001.jpg

こちらは八丁堀にあるスペインスタイルのバル。
1階にあるLiquor shop宮田屋さんがやっていらっしゃるお店です。

先代店主である松澤金次郎さんが
25年前にお店の一角で立ち飲みを始められたのが始まり。

現在の店主である息子さんが新コンセプトの元
5年ほど前から現在の“maru”を始められたらしいです。


それにしてもまぁスゴイ人、ひと、ヒト。
サラリーマンを中心に、みんな楽しそうにワインを飲んでいます。

人気の秘密のひとつが
宮田屋さんで取り扱う豊富なワインがバー
“店頭価格+抜栓代500円”という破格で楽しめるところ。


私は「淑女の会」なるメンバー、5人で来店。
ダイスキな、とてもステキな方々です。


パルミジャーノリゾット、アスパラガスのチーズソース、
スイスチーズのクラケット、生ハムとサラミの盛り合わせ・・・

などなど、ガールズなお食事を堪能しました。

食べるのとおしゃべりに夢中で
写真を撮るのをすっかり忘れました。おほほほ。



2階中央にぐるりと構えるカウンターの内側で
ノリノリで炎と格闘するおじさんが一人。

あの方が、元築地場内の職人さんという先代の金次郎さん。

お口がもぐもぐしてますが、
一番美味しいところはご自分で食べちゃうんですってかわいい


閉店までいて、5人でワイン4本空けましたが
コストパフォーマンスの高さはスバラシイですぴかぴか(新しい)


バルに不可欠な“おいしくてリーズナブルな酒と肴”の条件を
きっちり備えた旬なお店。

お客さんも満足なうえ、
1、2階合わせて月商1,500万を上げるという商売上手っぷりは
さすがです。


唯一残念なのは、
時間とともに大きくなる大音量のラテン音楽で
同じテーブルを囲んでも、叫ばないと声が聞こえない点でしょうか。

なんてったって淑女ですから。おほほほぴかぴか(新しい)


============================================
【美味しいを楽しもう!グルメあつま〜る】
で、おいしく食べてキレイにな〜れ♪


posted by マツダユウコ at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | そとごはん

2008年03月04日

巴里のオムライス



神保町にある「巴里の介」さん

炉端ふれんち、という面白いコンセプトのお店です。

こちらの名物はオムライス

CIMG0498.JPG

半熟の卵にナイフを入れた花咲きですかわいい


中身は定番のケチャップライスではなくて
きのこが入ったあっさりめの炒めご飯。

とろとろ卵の上には自家製デミグラソース。

これでもか!と覆ってますが、
意外としつこくなく、ぺろりと食べられます。


ビジネス街の神保町は
お食事処がいっぱいありますが、

12時〜のランチタイム、
飲食店は戦場に例えられるほどの慌しさです。

できれば少し時間をずらして
11時や13時過ぎに行きたいものです。

もしかしたら嬉しいサービスが
待っているかもしれませんかわいい

============================================
【美味しいを楽しもう!グルメあつま〜る】
で、おいしく食べてキレイにな〜れ♪
posted by マツダユウコ at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | そとごはん

2008年03月02日

横浜中華街「杜記」


横浜中華街の「杜記-とき-」さんでランチ。

場所は香港路と市場通りを結ぶ小路(台南小路)を
入ったところにあります。
行列が目印です。

「杜記」さんは、刀削麺(とうしょうめん)
がメインの小さなお店。

刀削麺は、中華人民共和国の山西省で生まれた麺の一種で

小麦粉を練った生地の塊を肩に担いで
ブーメランのように曲がった包丁で、

シュッシュッと生地を麺状に削りながら
お鍋に放り込んで茹でる麺のことです。

月牙刀を巧みに操って小麦粉の塊を削っている
中国人のおじさんの姿を初めて見たときは

本当にびっくりしました目

まさに技!!


頂いたのは、スタンダードな牛肉の刀削麺

CIMG0292.JPG

食感は独特ですが、日本の「すいとん」に似ています。

曲がった包丁で削るため、麺の太さがまちまちで
プルプルのところやモチモチのところがあって楽しめます。


こちらは「麻婆豆腐刀削麺」

CIMG0293.JPG

山椒が強くて私好みですが、相当辛いです。
しかも油がべっとり。

食べるのには覚悟がいるかもふらふら


昼は行列が出来て、相席も当たり前ですが、
夜は比較的すいているようです。


ごちそう様でした。


============================================
【美味しいを楽しもう!グルメあつま〜る】で、おいしく食べてキレイにな〜れ♪

posted by マツダユウコ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | そとごはん

2008年03月01日

新橋ディープゾーン【もつ鍋がんこ】

新橋駅前ビルに入っているもつ鍋 がんこ。

この周辺は小さな立ち飲み屋さんが軒を連ねる
超ディープゾーンです。

がんこ店内もカウンターと奥の1席のみ。
19時をまわると、店の表のテーブル席が出て
そちらもいっぱいになります。


こちら↓名物もつ鍋(ビフォー)
CIMG0825.JPG
キャベツのこんもり具合が
本場を感じさせます。


で↓すっかり火が通ったもつ鍋(アフター)
CIMG0834.JPG
大ぶりで、ぷりっぷりのモツ。
たまりませんビール 


CIMG0830.JPG
定番の酢モツもボリューミーです。
ちょっとガツ刺しっぽい?


CIMG0831.JPG
レバ刺しもいっちゃいます。
とろっと溶ろけて、ごま油とにんにくの香りがじゅわ〜
で、またぐびっとビール


CIMG0833.JPG
ユッケ刺しはぐちゃぐちゃにした後です・・・
すいません。もう夢中です。
やっぱりぐびっとビール

CIMG0837.JPG
で、カウンターお隣さんのそのまたお隣さんが頼んでるのを見て
つられて追加注文のコチラ。

豆腐サラダです。豆腐は一体どこ??
でもぐびっとビール



本日連れて行ってくれたのは、
久しぶりに再会した新婚N君。

いつ会っても本当に面白くって
とっても楽ちんな人。(いい意味です)

いつもありがとうかわいい


こんどは浅草どぜう屋さんか、神楽坂ディープ過ぎツアーを
開催してくれるそうぴかぴか(新しい)

ワーイ!!楽しみにしてま〜するんるん


============================================
【美味しいを楽しもう!グルメあつま〜る】
で、おいしく食べてキレイにな〜れ♪





posted by マツダユウコ at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | そとごはん

2008年02月28日

神楽坂スペインバルの夜

高校時代の友人達と

久々に再会です。

今宵のディナー会場は神楽坂にある
スペインバル「エル・カミーノ」
20席ほどの小さな店内は、
女性が一番キレイに見える(と私は思っている)ほの暗い照明で
店員さんとの距離も近くて、
とっても居心地のいいお店です。

CIMG0820.JPG

お料理もワインもザ・スペイン。
コチラは、ジャンボマッシュルームの一品。

生ハムやトルティージャ(スペインオムレツ)などの
タパスをつまみながら、
テンプラニーニョ種のボリュームあるワインを
ぐびぐび。ぐびぐび。

ビール、スパークリングのほかに、
赤を2本ほど空けました。

その間、ガールズトーク炸裂。
楽しい時間です。

CIMG0821.JPG

コチラは生ハムとサルシチョンの盛り合わせ。

サルシチョンとは、イベリコ豚の赤身と脂身をミンチにかけて、
香辛料を加えて詰めたサラミです。
脂分が多く感じるけれど、とろけるような旨味があります。

スペインの一般的な生ハムといえば、ハモンセラーノ。
もう少し高級なものだと黒豚のハモンイベリコです。

最近はハモンイベリコ・ベジョータを扱う飲食店も
増えてきました。

ちなみにベジョータとは、ドングリという意味。
のびのびと放牧されドングリを食べて育った
その脂身はほんのり木の実の風味がして、
何とも言えないおいしさです。


呑んべいには、
おうちの冷蔵庫にも常備したい一品ですね。


----------------------------------------------
「美味しいを楽しもう!グルメあつま〜る」で、
おいしく食べてキレイにな〜れ♪
posted by マツダユウコ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | そとごはん

2008年02月26日

サルバトーレ・クォモ

本場イタリアのナポリピッツァを

これだけ急速、かつ広範囲に
日本に広めた人物といえば・・・

サルバトーレ・クオモ氏でしょう。


残念ながら彼のブログ
イタリア語なので、私には解読できずですが。

きっと「日本ダイスキでーす」と
言っているに違いありません。

一都三県はもちろん、名古屋、静岡にも店舗を設け
着実に規模拡大しています。

本格ナポリピッツァが
デリバリーとして家庭でも楽しめる唯一の店として。

あれだけのクオリティの商品って、店舗展開していくと、
味にばらつきが出てきてしまうものですが、

ピッツァという粉ものの特徴もあって、
どこの店舗で食べても
ほぼ一定でかつ、高いレベルで美味しいです。

もちろん、イートインも出来ます。
ランチは1500円で
ピッツアとグリーンサラダ、ソフトドリンクがつきます。

P2080493.JPG

薄いもっちりとした生地に
濃厚なトマトソースとバジル、モッツァレラ。

シンプルだけど一番美味しくて、その店の味が分かる
Margherita / マルゲリータ。


伊ビール・ナストロアズーロや冷えた白ワインなんかと
合いますね。


----------------------------------------------
「美味しいを楽しもう!グルメあつま〜る」で、
おいしく食べてキレイにな〜れ♪

posted by マツダユウコ at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | そとごはん

2008年02月19日

ポンデュガール vol.2

・・・続きで、

↑先の写真はセロリのマリネ



↓こちら、自家製ソーセージ
CIMG0788.JPG

ぱんとした張りがあって、とってもジューシーで
オススメです


↓牛すね肉の煮込み
CIMG0789.JPG


お料理も嬉しいボリューム。


長いステムをつまむように持って、
お行儀よく飲むワインも
ドキドキして美味しいですが、

気取らず、大口開けて笑いながら飲むのも
これまた気持ちがいいものです。

ついついワインが進んでしまい…テンションのあがる私。


久しぶりに
ワインたっぷり至福の時でした。



帰り間際、びっくりなことに
仙台のレストラン
アントレッフェンの店長、細川さんに会いました!!

すごい偶然exclamation×2


ちなみに・・・
東京で、ひとくみの男女が出会う確立って

600万分の1なんですって。

なんだかロマンチックですかわいい
posted by マツダユウコ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | そとごはん

2008年02月16日

ワイン居酒屋【ポンデュガール】

行ってまいりました。

バレンタイン・ディナーハートたち(複数ハート)


猛烈に寒い風の中・・・
宝町、または東銀座から徒歩5分ほど。

【ポンデュガール】


ラ・ベットラのちょうど裏手に、
そのステキなお店はあります。


CIMG0785.JPG

なんとココ、ワインがどれでも
グラスで500円!!
ボルドーだって、ブルゴーニュだって
がぶがぶいってもお財布に優しいのぴかぴか(新しい)


予約時にも

「うちワイン屋ですが、ワインは大丈夫ですか?」
とか
「コースとかアラカルトとか・・・
 そんなお店じゃなくて、居酒屋ですけどっ」

とか、確認されたくらいです右斜め上


CIMG0787.JPG



続く・・・


posted by マツダユウコ at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | そとごはん

2008年02月09日

リンガーハット

業績好調ですね、
FCの大手、リンガーハット。

とはいえ、私の地元 
仙台には1店舗もありません。ほんとです。

東京に来て、初めて知ったわけで。
そして、今回初めて味わったわけで。

cyanpon.JPG

リンガーハットといえば皿うどんのようですが、
あえて?ちゃんぽん麺です。
ギョーザセットです。

味は・・・
さすがです。

ちゃんぽんと皿うどんの本場長崎でも、
地元の食通でも、やっぱりオススメしちゃうらしいです、
リンガーハット。

yaki_gyoza.JPG

個人的には、餃子は幸楽苑のが好きです。
同じFCでも。

業績好調の同社、仙台進出も近いかもしれません。




posted by マツダユウコ at 00:50| Comment(4) | TrackBack(0) | そとごはん

2008年02月06日

煮込みとワイン♪in山利喜さん

ここは東京、森下。

下町です。

先日お伺いした【山利喜】さんは、
なんと、大正時代から続く老舗居酒屋。

名物の「煮込み」を目当てに行ったのですが、

開店早々すでに行列。
時すでに遅しでした。


3〜40分ほど待って入った店内は、
どうみても居酒屋。


しかし、、
ここでは、ビールや焼酎と同じくらい
ワインが飲まれているんです!

お造りや煮物、出し巻きなどのメニューが並ぶ
キッチン前には、
ピシっとしたシャツにサロン姿のステキなおにいさん。

ソムリエさんです。


そしてこちらが

名物煮込み。

yamariki.JPG

毎日大鍋で3つ分仕込むそう。赤ワインをだぶだぶ入れて。


ガーリックトーストと一緒に
はふはふして食べると

牛モツが、とろ〜りとろけて
ぷるるん。
口の中で凝縮されたうまみがジュワ〜。
あっという間になくなっちゃいます。


ほんとうに、もう、クセになります。

病みつきです。



新と旧の融合、そして業態の融合。

これからの外食に必要なのは、
専門性と差別化。

そして、新しい価値をいかに
お客様に提供できるかだと思います。


お客様の舌のレベルは
格段にあがっています。

「美味しい」は、いまや当たり前かもしれません。

美味しいをさらに上回る
感動や驚き、悦びが
外食産業の発展の鍵だと思います。


なんて、

大好きな外食産業にたくさんの期待を込めつつわーい(嬉しい顔)


山利喜さんのような大衆酒場、
本当にずっとずっと続いて欲しいですね。

ご馳走様でした。





posted by マツダユウコ at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | そとごはん

2008年01月17日

ランチMTG in ヘイフンテラス

今日は朝から仙台→東京の移動。

仙台の朝は凍りつくように寒い。
今日の宮城県北部は
真冬日(一日中氷点下)なんですって。


東京にいると、
真冬日なんて体験しませんよね。

真冬日は、潔い良いくらいに
寒いですよ。ある意味気持ちいいです。




今日はランチに社外MTGがあり、
それに間に合わせて帰ってきました。

場所は、銀座ペニンシュラホテル。
お食事するのは今日が初めてで、
すこし緊張しました。


2階にある中華料理のお店
「ヘイフンテラス」
http://tokyo.jp.peninsula.com/ptk_ja/restaurants_02.html

アンティーク調の内装、
モダンチャイニーズといったところでしょうか。
旧と新が融合した、荘厳でかつシックな雰囲気です。


ランチから紹興酒を・・・といきたかったのですが、
先方も仕事がありますから。
中国茶で我慢です。


お料理は撮影できませんでしたが

前菜の点心やスープ、お魚と湯葉煮、
魚介と野菜の炒め物、海老の揚げ物、
ジャジャ麺、中華ちまき、デザートのマンゴータピオカ
に至るまで

見た目の美しさは勿論、
味や歯ざわりなど、最高に美味しかったです。


加えてサービスのよさ!

レストランは

Q、クオリティー(美味しさ)
S、サービス(接客)
C、クレンリネス(清潔感)
A、アトモスフィア(雰囲気)

の4つで評価されるのですが、

全て満点!!
特にサービスがとても気持ちよかったです。

レストランは感動を生む場
だということ、
改めて実感しました。


日本もアメリカのように

飲食店や外食産業で働く人が
一流と認められる職種になることを願います。

サービスマンも誇りを持って
仕事が出来る環境にあれば、

外食産業自体の
地位向上につながると切に思います。


飲食に携わっている方は
キラキラしていて本当にかっこいいです。
posted by マツダユウコ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | そとごはん